きそん

精選版 日本国語大辞典「きそん」の解説

きそん

〘名〙
① 一七、八歳くらいの元気な若者。
※俳諧・世話尽(1656)付句「またくらまぎれ着る踊笠 月影もちつくときそん十七夜」
② (形動) うわついたさま。陽気。
※浄瑠璃・近頃河原達引(おしゅん伝兵衛)(1785)上「ヲヲ、しんき、そんなきそんなこっちゃ無いわいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「きそん」の解説

きそん

[名]若者。
「踊りても―十七、八人もまじる役者は笛、太鼓、鉦(かね)」〈後撰夷曲集
[形動][文][ナリ]《近世語》うわついているさま。
「おお、辛気、そんな―なこっちゃないわいな」〈浄・河原達引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android