きそん(読み)キソン

デジタル大辞泉の解説

きそん

[名]若者。
「踊りても―十七、八人もまじる役者は笛、太鼓、鉦(かね)」〈後撰夷曲集
[形動][文][ナリ]《近世語》うわついているさま。
「おお、辛気、そんな―なこっちゃないわいな」〈浄・河原達引

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きそん

(一七、八歳の)若者。 -十七寅の歳/松の落葉
形動 [文] ナリ 
はすっぱなさま。うわついたさま。 そんな-なこつちやないわいな/浄瑠璃・近頃河原達引

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きそん

〘名〙
① 一七、八歳くらいの元気な若者。
※俳諧・世話尽(1656)付句「またくらまぎれ着る踊笠 月影もちつくときそん十七夜」
② (形動) うわついたさま。陽気
※浄瑠璃・近頃河原達引(おしゅん伝兵衛)(1785)上「ヲヲ、しんき、そんなきそんなこっちゃ無いわいな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

きそんの関連情報