コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信覚 しんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信覚 しんかく

1011-1084 平安時代中期-後期の僧。
寛弘(かんこう)8年生まれ。藤原公季(きんすえ)の子。真言宗。仁和(にんな)寺の済信(さいしん)について出家,東寺の深覚(じんがく)から灌頂(かんじょう)をうける。勧修寺長吏,東大寺別当をへて,承保(じょうほう)元年(1074)東寺長者となり,仁和寺別当をかねる。翌年高野山座主(ざす)となった。僧正。応徳元年9月15日死去。74歳。通称は勧修寺僧正,福岡僧正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

信覚の関連キーワード南島(南西諸島地域)太遠建治久米島遣唐使琉球語石垣島恵中寛弘厳覚

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android