コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧の連歌 ハイカイノレンガ

2件 の用語解説(俳諧の連歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいかい‐の‐れんが【俳諧の連歌】

連歌の一体。もと、余興として作られた、卑近なこっけい味を主とする連歌。室町末期、山崎宗鑑荒木田守武らによって独自の文芸となり、江戸時代松永貞徳西山宗因らを経て、松尾芭蕉に至り蕉風俳諧として芸術的完成をみた。芭蕉以後は発句が中心となり衰えた。連句。俳諧連歌

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はいかいのれんが【俳諧の連歌】

連歌の一体。滑稽・卑俗を中心とするもの。室町末期、山崎宗鑑・荒木田守武らの頃特に盛行した。代表的撰集に「竹馬狂吟集」「犬筑波集」「守武千句」がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone