コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉光俊夫 クラミツトシオ

2件 の用語解説(倉光俊夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くらみつ‐としお〔‐としを〕【倉光俊夫】

[1908~1985]小説家。東京の生まれ。朝日新聞社会部を経て、松竹演劇部、映画部勤務ののち、作家となる。「連絡員」で芥川賞受賞。私誌「蚯蚓(みみず)」を発行。他の作品に「雪の下」「冷べたい水の村」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉光俊夫 くらみつ-としお

1908-1985 昭和時代の小説家。
明治41年11月12日生まれ。朝日新聞社社会部,松竹の演劇部,映画部勤務をへて作家活動に専念。昭和18年「連絡員」で芥川賞。55年から私誌「蚯蚓(みみず)」を発行した。昭和60年4月16日死去。76歳。東京出身。法大卒。作品に「冷べたい水の村」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

倉光俊夫の関連キーワード朝鮮映画皮革工業次郎長三国志中南米映画指紋押捺制度世界女性会議監獄法新聞小説イタリア映画凸版印刷(株)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone