コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽三味線 ツガルジャミセン

4件 の用語解説(津軽三味線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つがる‐じゃみせん【津軽三味線】

津軽地方に伝わる三味線。本来は民謡の伴奏用だが、独奏・合奏にも用いる。太棹(ふとざお)で、力強く、かつ繊細な独特の旋律・リズムで奏する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津軽三味線

さおが太く、バチを弦にたたきつけるようにして弾くことが多いのが特徴。元々は民謡の伴奏で弾くことが主だったが、現在は単独で演奏することが多い。1857年に現在の五所川原市金木町で生まれた仁太坊(にたぼう)(本名・秋元仁太郎)が始祖とされる。

(2016-04-22 朝日新聞 朝刊 青森全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つがるじゃみせん【津軽三味線】

青森県津軽地方の遊芸人が用いる太棹ふとざおの三味線。厚手の撥ばちで太い一の糸をたたいてリズムをとり、三の糸で装飾音を出す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽三味線
つがるじゃみせん

青森県津軽地方に伝わる三味線とその音楽。本来は津軽民謡の伴奏に用いたが、梅田豊月(ほうげつ)、白川軍八郎、木田林松栄(きだりんしょうえ)、高橋竹山(ちくざん)らの名人によって、はでな曲弾きが加わり、独奏・合奏楽器として確立した。楽器は太棹(ふとざお)三味線よりやや大ぶりで、糸は一の糸から順に30、18、12などを用い(長唄(ながうた)の細棹三味線では15、13、12など)、一の糸は三の糸の倍以上の太さがある。三味線を立てて構え、厚手の重い撥(ばち)で一の糸を力いっぱいたたいてリズムを刻む。その間に三の糸を細かく掬(すく)う「スクイバチ」を多用して装飾音を加える。さらに左手は、親指を除く四指で糸をかき鳴らしてまで音をつくり、「オリャ」「ソリャ」「アリャ」などの掛け声も加える。こうして、力強く、激しく、その一方では繊細な独自の音色が生まれる。
 現在の形態が津軽の芸人の間に広まった理由として次の三つがあげられる。(1)地理的条件 中央の文化や武家文化の影響が少なく、日本人古来の楽天的、情熱的な生き方が残った。加えて、東の南部地方に対する西の津軽という根強い対抗心があり、他と差をつけることに価値をみいだす気風があった。(2)演奏条件 聴衆が主として北海道のヤン衆(出稼ぎの漁師)のため、野外、飯場(はんば)、掛小屋などの悪条件下の演奏が多く、必然的に大音が要求され、さらに感覚より本能に訴えかける必要から強く激しい芸が求められた。(3)浪花(なにわ)節などの影響 明治後期~昭和初期の浪花節全盛時代に津軽地方で「じょんがら」「よされ」「おはら」のいわゆる「津軽三つ物」が浪花節の代用として流行した結果、興行や舞台演出にショー的要素が加わった。
 なお、「津軽三味線」の名称が一般的になったのは、1956年(昭和31)ごろの三橋美智也(みはしみちや)と木田林松栄の曲弾きショーを初めとする。[竹内 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽三味線の関連キーワード相三味線おわら節義太夫三味線三味線歌三味線駒俗謡津軽じょんがら節津軽山唄津軽じょんから節高橋竹山(初代)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津軽三味線の関連情報