コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉橋伝助 くらはし でんすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉橋伝助 くらはし-でんすけ

1670-1703 江戸時代前期の武士。
寛文10年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士四十七士のひとり。中小姓として藩主浅野長矩(ながのり)につかえる。元禄(げんろく)15年12月14日吉良邸に討ちいり,主君の仇(あだ)を討つ。毛利家にあずけられ,元禄16年2月4日切腹。34歳。名は武幸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉橋伝助の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)篠田 実(1代目)篠田 実(初代)赤穂浪士一覧赤穂義士倉橋武幸

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android