倭姫命世記(読み)ヤマトヒメノミコトセイキ

デジタル大辞泉の解説

やまとひめのみことせいき【倭姫命世記】

神道五部書の一。1巻。神護景雲2年(768)禰宜(ねぎ)五月麻呂(さつきまろ)の撰と伝えるが、建治・弘安(1275~1288)のころ、伊勢外宮の神官の渡会行忠(わたらいゆきただ)の撰になったもの。天地開闢(かいびゃく)から、皇大神宮の各地御還幸、雄略天皇の代の外宮鎮座に至る詳細を記す。大神宮神祇本紀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまとひめのみことせいき【倭姫命世記】

神道五部書の一。768年禰宜五月麻呂の撰録と伝えられるが、鎌倉時代、伊勢外宮の度会わたらい氏が編纂したものとされる。天地開闢かいびやくより雄略天皇代の外宮鎮座に至る次第を詳細に記す。別名、大神宮神祇本紀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やまとひめのみことせいき【倭姫命世記】

鎌倉中期の神道書。一冊。禰宜五月麻呂が神護景雲二年(七六八)に撰したと伝えるが、偽書で、度会行忠が文永七~弘安八年(一二七〇‐八五)頃に撰したものかという。天地開闢にはじまり、皇居と神宮の分離、二四か所にもなる皇大神宮の遷幸のことなどを述べる。神道五部書の一つ。「大神宮神祇本記」の下巻にあたる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android