コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭姫命世記 ヤマトヒメノミコトセイキ

デジタル大辞泉の解説

やまとひめのみことせいき【倭姫命世記】

神道五部書の一。1巻。神護景雲2年(768)禰宜(ねぎ)五月麻呂(さつきまろ)の撰と伝えるが、建治・弘安(1275~1288)のころ、伊勢外宮の神官の渡会行忠(わたらいゆきただ)の撰になったもの。天地開闢(かいびゃく)から、皇大神宮の各地御還幸、雄略天皇の代の外宮鎮座に至る詳細を記す。大神宮神祇本紀。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまとひめのみことせいき【倭姫命世記】

神道五部書の一。768年禰宜五月麻呂の撰録と伝えられるが、鎌倉時代、伊勢外宮の度会わたらい氏が編纂したものとされる。天地開闢かいびやくより雄略天皇代の外宮鎮座に至る次第を詳細に記す。別名、大神宮神祇本紀。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

倭姫命世記の関連キーワード神道五部書伊勢神道垂加神道