コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏西風帯 へんせいふうたい

百科事典マイペディアの解説

偏西風帯【へんせいふうたい】

地球上のほぼ中緯度地域で上空に絶えず偏西風が吹いている地帯。大洋上では30°〜65°の緯度帯。偏西風は大気大循環を構成する大風系の一つで,特に南半球では海洋が多いのでよく発達し,その海域は俗に暴風圏と呼ばれる。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の偏西風帯の言及

【風】より

…図11は地球上の平均風系の粗い模型である。赤道付近には赤道無風帯があり,それより高緯度側に偏東風のいわゆる貿易風帯があり,それより高緯度側に中緯度高圧帯があり,さらに高緯度側に偏西風帯がある。それより高緯度側に高緯度低圧帯があり,極のまわりは極東風帯となっている。…

※「偏西風帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

偏西風帯の関連キーワードオホーツク海高気圧ニュージーランドプラネタリー波ドレーク海峡亜寒帯低圧帯亜熱帯高圧帯ジェット気流ロスビー循環パタゴニア亜熱帯気候切離高気圧気圧の尾根ロスビー波切離低気圧フエゴ島大気環流西風皮流チロエ島突然昇温天気俚諺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android