偏西風帯(読み)へんせいふうたい

百科事典マイペディアの解説

偏西風帯【へんせいふうたい】

地球上のほぼ中緯度地域で上空に絶えず偏西風が吹いている地帯。大洋上では30°〜65°の緯度帯。偏西大気大循環を構成する大風系の一つで,特に南半球では海洋が多いのでよく発達し,その海域は俗に暴風圏と呼ばれる。偏西風は高さとともに強くなり,圏界面付近でジェット気流となる。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の偏西風帯の言及

【風】より

…図11は地球上の平均風系の粗い模型である。赤道付近には赤道無風帯があり,それより高緯度側に偏東風のいわゆる貿易風帯があり,それより高緯度側に中緯度高圧帯があり,さらに高緯度側に偏西風帯がある。それより高緯度側に高緯度低圧帯があり,極のまわりは極東風帯となっている。…

※「偏西風帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android