コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傑堂能勝 けつどう のうしょう

2件 の用語解説(傑堂能勝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

傑堂能勝 けつどう-のうしょう

1355-1427 南北朝-室町時代の僧。
文和(ぶんな)4=正平(しょうへい)10年生まれ。楠木正儀(まさのり)の子。曹洞(そうとう)宗。丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の通幻寂霊(つうげん-じゃくれい),越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺梅山聞本(ばいさん-もんぽん)に師事し,聞本の法をつぐ。応永元年越後(えちご)(新潟県)に耕雲寺をひらいた。のち越後に慈光寺を創建。応永34年8月7日死去。73歳。河内(かわち)(大阪府)出身。俗名は正能。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

傑堂能勝

没年:応永34.8.7(1427.8.29)
生年:文和4/正平10(1355)
南北朝・室町初期の曹洞宗の禅僧。河内(大阪府)太守楠木正儀の次男で正成の孫に当たる。俗名は正能。母は篠塚重広の娘。24歳のとき,戦場で左膝を負傷して出家を志し,和泉(大阪府)高瀬大雄寺の古剣智訥に得度した。丹波(兵庫県)永沢寺の通幻寂霊に学んだのち,越前(福井県)竜沢寺の梅山聞本に参じて法を嗣いだ。応永1(1394)年に越後(新潟県)瀬波杜沢に耕雲寺を開き,常陸(茨城県)耕山寺や会津(福島県)天寧寺を開くなど,越後や東北南部,関東北部の曹洞宗の発展に貢献した。法嗣の南英謙宗と共に曹洞五位の碩学とされる。<参考文献>耕雲寺編『二祖傑堂能勝禅師五百五十回大遠忌記念誌』

(佐藤秀孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

傑堂能勝の関連キーワード傑堂能勝グアテマラ薩都剌足利義詮カール[4世]小笠原長基光明天皇周阿西華門院二条為定

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone