コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅山聞本 ばいさん もんぽん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅山聞本 ばいさん-もんぽん

?-1417 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。美濃(みの)(岐阜県)の人。加賀(石川県)仏陀寺の太源宗真の法をつぐ。越前(えちぜん)(福井県)竜沢寺をひらき,能登(のと)(石川県)総持寺住持となる。将軍足利義満に京都にまねかれたが,応じなかった。応永24年9月7日死去。著作に「普蔵院規式」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅山聞本の関連キーワード傑堂能勝如仲天誾大初継覚室町時代南英謙宗耕雲寺大洞院曹洞聞本

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

梅山聞本の関連情報