コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通幻寂霊 つうげんじゃくれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通幻寂霊
つうげんじゃくれい

[生]元享1(1321).豊後
[没]元中8(1391)
室町時代の曹洞宗の僧。 17歳のとき,大光寺定山を師として出家し,能登の総持寺峨山のもとで参禅し宗旨をきわめた。後円融天皇に教えを述べ,同天皇から天下僧禄司の宣を賜わった。丹波の永沢寺に住し,総持寺を董督したこともある。その門派を通幻派という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

通幻寂霊 つうげん-じゃくれい

1322-1391 南北朝時代の僧。
元亨(げんこう)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)総持寺の峨山韶碩(がさん-じょうせき)の法をつぎ,同寺の住持を3度つとめる。応安3=建徳元年丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)をひらく。その法系を通幻派といい,門下に石屋真梁(せきおく-しんりょう)ら「通幻十哲」がいる。明徳2=元中8年5月5日死去。70歳。豊後(ぶんご)(大分県)出身。俗姓は藤原。著作に「通幻禅師語録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

通幻寂霊

没年:明徳2/元中8.5.5(1391.6.7)
生年:元亨2(1322)
南北朝期の曹洞宗の禅僧。曹洞宗教団の一大門派を形成する。豊後(大分県)の人。幼時に父母を失い,17歳のとき豊後大光寺で剃髪,太宰府で受戒する。大乗寺明峰素哲に参ずるが,明峰死去後の文和1/正平7(1352)年総持寺の峨山韶碩に師事して,35歳で法を嗣ぐ。応安1/正平23(1368)年総持寺5世を継ぐ。同7/文中3年,細川頼之の招きで丹波(兵庫県)永沢寺の開祖となる。総持寺の五院輪番住持制度を確立した。ほかに興聖寺,妙高庵,竜泉寺を開創。<著作>『通幻禅師語録』<参考文献>山端昭道『通幻禅師物語』,中嶋仁道『通幻和尚の研究』

(竹内弘道)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうげんじゃくれい【通幻寂霊】

1322‐91(元亨2‐元中8∥明徳2)
南北朝期の曹洞宗の僧。豊後(大分県)の生れ。はじめ臨済宗の聖一派に属する定山祖禅に師事したが,1340年(興国1∥暦応3)加賀の大乗寺に行き曹洞宗の明峰素哲に参じ,52年(正平7∥文和1)には能登の総持寺に赴き峨山韶碩(がさんじようせき)のもとで修行し,その法を継いだ。68年(正平23∥応安1)総持寺の住持となり,同寺では82年(弘和2∥永徳2),88年(元中5∥嘉慶2)の3度に及び住持をつとめている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通幻寂霊
つうげんじゃくれい
(1322―1391)

南北朝時代の曹洞(そうとう)宗の僧。通幻派の祖。峨山(がざん)下五哲の1人。豊後(ぶんご)(大分県)の人で比叡(ひえい)山で出家、31歳で能登(のと)(石川県)総持寺の峨山韶碩(がさんじょうせき)に参じ嗣法(しほう)する。1368年(正平23・応安1)以後、総持寺に再三出世(しゅっせ)し、五院の一、妙高庵(あん)を開き開基となる。細川頼之(よりゆき)開創の丹波(たんば)(京都府)永沢(ようたく)寺、越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺、加賀(石川県)聖興寺、近江(おうみ)(滋賀県)総寧寺などの開山となり、峻厳(しゅんげん)な家風と子弟教育で知られる。91年5月5日示寂。語録1巻、漫録二巻がある。[石川力山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

通幻寂霊の関連キーワード峨山韶碩(がさんじょうせき)総持寺(横浜市)子育て幽霊普済善救不見明見天徳曇貞一径永就傑堂能勝了庵慧明室町時代悦堂常喜太山如元総寧寺僧録

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android