コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦の乱 さんぽのらん Samp'o waeran; Sam-pho ǔi Nan

6件 の用語解説(三浦の乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦の乱
さんぽのらん
Samp'o waeran; Sam-pho ǔi Nan

中宗5 (1510) 年,朝鮮の三浦 (薺浦〈せいほ〉,富山浦〈ふざんぽ〉,塩浦〈えんぽ〉) に起った日本人居留民の暴動事件。庚午の倭変ともいう。これより前,朝鮮王朝 (李朝) は海防を強化して倭寇にそなえ,懐柔や武力討伐などの倭寇壊滅策をとる一方,日本に使臣を送り倭寇禁圧を要請した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんぽ‐の‐らん【三浦の乱】

1510年(永正7年)朝鮮の三浦で、日本人居留民が起こした暴動事件。李朝の中宗が即位して強化された密貿易の取り締まりに反発したもの。庚午の倭変。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三浦の乱【さんぽのらん】

李朝中期の1510年朝鮮の三浦で起こった日本人暴動。朝鮮側では庚午(こうご)の倭変と呼ぶ。三浦とは乃而浦(ないじほ)(薺浦(せいほ),熊川),富山浦(釜山),塩浦(蔚山(うるさん))の3港で,1426年以降日本からの渡航船の往来は朝鮮側によってこの3港に限られ,ここに倭館が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぽのらん【三浦の乱】

1510年,朝鮮の三浦で起きた日本人の反乱。1426年,日本船の朝鮮での停泊地は富山浦(釜山)・薺浦(せいほ)(熊川)・塩浦(蔚山)の三浦とされ,朝鮮側はここに倭館を置いたが,はじめ日本人の三浦居住は認めなかった。しかし日本からの渡航船が増大するにつれ,三浦の長期滞在日本人が増大し,1436年,李朝政府は日本人の三浦居住を認め恒居倭人とよんだ。恒居倭人は日本船の入港に伴ってさまざまの商取引に従事し,60戸(206名)までとされたが,実際には制限数の7~8倍にものぼるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんぽのらん【三浦の乱】

1510年に朝鮮の三浦(薺浦せいほ・富山浦ふざんぽ・塩浦えんぼ)に居住していた日本人(恒居倭人こうきよわじんと呼ばれた)が起こした暴動事件。密貿易などに対する朝鮮王朝の取り締まりの強化に対して起こしたもの。対馬と朝鮮の通交は一時断絶した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦の乱
さんぽのらん

朝鮮の三浦に居住していた日本人が1510年に起こした反乱。1426年以来、日本と朝鮮の貿易は三浦(富山浦(ふさんぽ)=釜山(ふさん)、薺浦(せいほ)=熊川、塩浦(えんぽ)=蔚山(うるさん)の3港)で行われ、三浦には貿易などに従事する日本人が多数居住していた(恒居倭人(こうきょわじん))。当時、日朝貿易には、外交使節の贈答品、政府買上げの公貿易、政府監督下の私的貿易(私貿易)の3形態があり、なかでも私貿易は利益が大きく、盛んであった。しかし私貿易は禁制品の密貿易を伴いがちであり、種々の弊害が生まれたため、朝鮮政府は1494年、私貿易を最終的に禁止した。すると、対馬(つしま)島民や三浦の恒居倭人は密貿易に走り、朝鮮政府がそれを厳しく取り締まると、1510年、三浦の恒居倭人が反乱を起こした。このとき、対馬島主の宗(そう)氏は200余隻の軍船を送ってこの反乱を支援したが、朝鮮軍の反撃を受け、反乱は鎮圧された。これが三浦の乱である。この反乱のあと、対馬と朝鮮の通交はまったく断絶した。その後、対馬側の要請で1512年壬申(じんしん)約条を結び、対馬と朝鮮の通交は再開されたが、対馬の貿易船は半減され、三浦の恒居倭人もいっさい禁止され、貿易港も薺浦だけとされた。[矢澤康祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三浦の乱の関連キーワード京城事変江華島事件万宝山事件世祖韓国併合で日本に渡った朝鮮人北朝鮮の日本人遺骨問題サハリン在留日本人宗盛弘壬申約条哱拝の乱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone