コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三浦の乱 さんぽのらんSamp'o waeran; Sam-pho ǔi Nan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三浦の乱
さんぽのらん
Samp'o waeran; Sam-pho ǔi Nan

中宗5 (1510) 年,朝鮮三浦 (薺浦〈せいほ〉,富山浦〈ふざんぽ〉,塩浦〈えんぽ〉) に起った日本人居留民の暴動事件。庚午の倭変ともいう。これより前,朝鮮王朝 (李朝) は海防を強化して倭寇にそなえ,懐柔や武力討伐などの倭寇壊滅策をとる一方,日本に使臣を送り倭寇禁圧を要請した。日本でも室町幕府の統制が強まり,西国の有力守護や豪族などが倭寇禁圧と倭寇に拉致された朝鮮人捕虜の送還に努力した。こうして朝鮮王朝と幕府,西国の封建領主間に交易関係が結ばれ,使節の相互往来も盛んとなった。朝鮮は薺浦 (現慶尚南道昌原郡熊川面) ,富山浦 (現慶尚南道釜山市) ,塩浦 (現慶尚南道蔚山市) に限定して日本人の貿易を許し,倭館を設けた。三浦に住む日本人は恒居倭 (こうきょわ) と呼ばれ,世宗 18 (1436) 年に 60戸の居住が許されたが,15世紀末には薺浦 347戸,2500名,富山浦 147戸,453名,塩浦 51戸,152名に達した。その人数が次第に増加するにつれて,密貿易など違反,非行者が続出した。片貿易や国庫の欠亡に苦しむ朝鮮王朝では中宗が即位すると諸政改革の一環として,日本貿易にも厳重な統制を加え,恒居倭の居住権も制限した。これに憤慨した恒居倭は,対馬からの兵船数百隻の応援を得て反乱を起したが,朝鮮の圧倒的な軍事力の前に敗退。その結果,日朝間の通交貿易関係は断絶した。2年後に壬申条約が結ばれ修交関係の復活をみたが,薺浦1港に限られ,歳遣船,歳賜米も減少し,恒居倭は認められなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんぽ‐の‐らん【三浦の乱】

1510年(永正7年)朝鮮の三浦で、日本人居留民が起こした暴動事件。李朝の中宗が即位して強化された密貿易の取り締まりに反発したもの。庚午の倭変。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三浦の乱【さんぽのらん】

李朝中期の1510年朝鮮の三浦で起こった日本人暴動。朝鮮側では庚午(こうご)の倭変と呼ぶ。三浦とは乃而浦(ないじほ)(薺浦(せいほ),熊川),富山浦(釜山),塩浦(蔚山(うるさん))の3港で,1426年以降日本からの渡航船の往来は朝鮮側によってこの3港に限られ,ここに倭館が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんぽのらん【三浦の乱】

1510年,朝鮮の三浦で起きた日本人の反乱。1426年,日本船の朝鮮での停泊地は富山浦(釜山)・薺浦(せいほ)(熊川)・塩浦(蔚山)の三浦とされ,朝鮮側はここに倭館を置いたが,はじめ日本人の三浦居住は認めなかった。しかし日本からの渡航船が増大するにつれ,三浦の長期滞在日本人が増大し,1436年,李朝政府は日本人の三浦居住を認め恒居倭人とよんだ。恒居倭人は日本船の入港に伴ってさまざまの商取引に従事し,60戸(206名)までとされたが,実際には制限数の7~8倍にものぼるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんぽのらん【三浦の乱】

1510年に朝鮮の三浦(薺浦せいほ・富山浦ふざんぽ・塩浦えんぼ)に居住していた日本人(恒居倭人こうきよわじんと呼ばれた)が起こした暴動事件。密貿易などに対する朝鮮王朝の取り締まりの強化に対して起こしたもの。対馬と朝鮮の通交は一時断絶した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三浦の乱
さんぽのらん

朝鮮の三浦に居住していた日本人が1510年に起こした反乱。1426年以来、日本と朝鮮の貿易は三浦(富山浦(ふさんぽ)=釜山(ふさん)、薺浦(せいほ)=熊川、塩浦(えんぽ)=蔚山(うるさん)の3港)で行われ、三浦には貿易などに従事する日本人が多数居住していた(恒居倭人(こうきょわじん))。当時、日朝貿易には、外交使節の贈答品、政府買上げの公貿易、政府監督下の私的貿易(私貿易)の3形態があり、なかでも私貿易は利益が大きく、盛んであった。しかし私貿易は禁制品の密貿易を伴いがちであり、種々の弊害が生まれたため、朝鮮政府は1494年、私貿易を最終的に禁止した。すると、対馬(つしま)島民や三浦の恒居倭人は密貿易に走り、朝鮮政府がそれを厳しく取り締まると、1510年、三浦の恒居倭人が反乱を起こした。このとき、対馬島主の宗(そう)氏は200余隻の軍船を送ってこの反乱を支援したが、朝鮮軍の反撃を受け、反乱は鎮圧された。これが三浦の乱である。この反乱のあと、対馬と朝鮮の通交はまったく断絶した。その後、対馬側の要請で1512年壬申(じんしん)約条を結び、対馬と朝鮮の通交は再開されたが、対馬の貿易船は半減され、三浦の恒居倭人もいっさい禁止され、貿易港も薺浦だけとされた。[矢澤康祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三浦の乱の関連キーワード日朝交渉史倭館貿易日鮮貿易宗義盛

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android