コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傾城冥加 ケイセイミョウガ

デジタル大辞泉の解説

けいせい‐みょうが〔‐ミヤウガ〕【傾城冥加】

遊女としてのつとめに励むことで受けられる神仏の加護。
「女郎の身では十分にあまるお客、粗末になされたら―に尽きさせられう」〈浮・遊女容気〉
遊女の誓いの言葉。どんなことがあっても。
「―聞く気でごんす」〈浄・寿の門松

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けいせいみょうが【傾城冥加】

傾城として神仏から受ける加護。
遊女の誓いの語。神仏の名にかけて、の意。 「 -聞く気でごんす/浄瑠璃・寿の門松」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

傾城冥加の関連キーワード浄瑠璃門松神仏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android