コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僕固懐恩 ぼくこかいおんPu-gu Huai-en; P`uku Huai-ên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僕固懐恩
ぼくこかいおん
Pu-gu Huai-en; P`uku Huai-ên

[生]?
[没]永泰1(765).9.8. 鳴沙
中国,唐に仕えたトルコ系武将。霊武 (寧夏回族自治区) の鉄勒 (てつろく) 僕骨部の首領。天宝 14 (755) 年安史の乱が起ると部衆を率いて朔方節度使郭子儀に従い,のために力戦。ウイグルの援軍を求める使者となり,娘はウイグルのカガン (可汗) にとつぎ,彼の一門で唐のために戦死したものは 46人という。代宗の信任を得て,中書令,朔方節度使などを歴任したが,やがて謀反の疑いを受け,ついに広徳1 (763) 年吐蕃 (とばん) ,吐谷渾 (とよくこん) ,ウイグルなどの兵数十万を率いて反旗を翻した。しかし利あらず,やがて病死。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

僕固懐恩の関連キーワード寧夏回族自治区中書令代宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android