コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐谷渾 とよくこんTu-yu-han; T`u-yü-hun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吐谷渾
とよくこん
Tu-yu-han; T`u-yü-hun

チベットの青海地方に拠った遊牧国。4世紀初頭の中国,晋末の動乱に乗じ,西鮮卑の一部が青海地方に移動して勢力を伸ばした。北魏衰勢とともに最盛期を迎え,夸呂 (かろ。 540~591) にいたり,カガンと号し,西はタリム盆地南辺の且末 (しょまつ) ,北は祁連山 (きれんざん) ,南は雪山にいたる地域を支配。貞観9 (635) 年に征討で打撃を受け,663年南方に起った吐蕃に滅ぼされ四散。この国家が 300年も存続したのは,西域と南北朝諸国,柔然南朝の交易,外交関係の中継から得た莫大な富に基づく。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよくこん【吐谷渾 Tǔ yù hún】

4世紀から7世紀にかけて,中国の青海地域に拠った国。遼東鮮卑の慕容渉帰の子,吐谷渾が陰山に沿って西遷し,4世紀初め隴山(ろうざん)の西に進んだ。その子孫の黄河南部に拠ったのをこの称で呼んだ。河南とも呼ばれ,チベット語では’A zhaといわれる。南西境は四川の白蘭と接していた。5世紀前半に王慕利延は北魏に討たれ遠くホータンカシミールに逃れてそれらの地を荒し,帰ると宋に朝貢した。以来北魏の圧力を受け,南朝に通じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とよくこん【吐谷渾】

中国、五胡十六国時代から唐代にかけて青海地方にあった国。鮮卑系の王がチベット系の羌きよう族を支配。中継貿易などで栄えたが、663年、吐蕃とばんに滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吐谷渾
とよくこん

中国、青海地方の遊牧民族の国。南朝からは河南王に、北魏(ほくぎ)からは西秦(せいしん)王に封じられていた。王族は鮮卑(せんぴ)種の慕容(ぼよう)氏で、民衆はチベット系が主であった。五胡(ごこ)十六国の初期、原住地のシラムレン川辺を離れた鮮卑・慕容部の一支族は、羌(きょう)族、匈奴(きょうど)族などと混血しつつ、モンゴル高原から青海へと移り、西方の一大勢力となり、5世紀前半、慕(ぼかい)のときに最盛期を迎え、南北諸王朝と政治、経済、文化の各方面で密接な関係をもった。6世紀なかばには西方へ進出し、中国と西域(せいいき)間の重要な交易中継者となったが、やがて隋(ずい)の煬帝(ようだい)の大遠征を受け、一時衰えた。しかし隋末の混乱に乗じて再興した。のち、唐建立後は頻繁な交流を保っていたが、634、635両年にわたる唐の大遠征を受け、その羈縻(きび)支配(間接統治)下に入った。やがて当時チベットに興り強大化した吐蕃(とばん)のため、663年に滅ぼされた。670年、唐は吐蕃の進出に対抗し、吐谷渾の故地奪回のために遠征したが敗れ、唐は吐谷渾の遺民を涼州へ、さらに霊州へと移し、安楽州を置いた。しかしふたたび吐蕃の圧力を受け、ついには朔方(さくほう)、河東へと移り、中国内へ混入していった。[片桐 功]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吐谷渾の言及

【吐蕃】より

…中央チベットに進出したのはソンツェンの父ルンツェンの時代で,隋の開皇年間(581‐600)にこの父子がヤルルンのチンバに拠っていたことが伝えられている。隋が吐谷渾(とよくこん)王の伏允を討ち,伏允が黄河上源地帯に亡命したため,将来に危懼の念を抱いた東女国を含む四川のスムパ族が,吐蕃王家に服属し,その結果,諸部族の離反によって崩壊寸前にあった先王の覇権がよみがえった。これを境にソンツェン王は吐谷渾に接近して彼等から諸制度を学び,620年代に官位12階を制定して,諸氏族をこの階層構造に組み込み,一つの法令体系のもとに支配,所有した。…

※「吐谷渾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吐谷渾の関連キーワード鄯善(古代オアシス国家)チベット(自治区)ソンツェン・ガンポ隋の時代(年表)ソンツェンガンポ青海(省)チベット史耶律阿保機タングートゴルムド僕固懐恩達頭可汗啓民可汗【てい】中継貿易慕容部郭子儀劉仁願蘇定方契丹

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android