コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧祇戸 そうぎこSeng-qi-hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

僧祇戸
そうぎこ
Seng-qi-hu

中国の北魏時代,僧曹 (僧を長官として宗教行政を司る役所) の管轄下におかれた特定の戸 (農家) 。曇曜孝文帝に奏請して設置し,のち全国に広まった。僧祇戸は年 60斛 (こく) の粟を僧曹に納めた。これを僧祇粟という。僧祇粟は飢饉のとき困窮者を救済するのを本来の目的としたが,平年には貧民に利息をつけて貸出され,また余剰は仏教事業に用いることが許された。僧祇戸の制度は北魏仏教教団の興隆を導く経済的基礎となったが,中央,地方の僧官がこれを悪用し,そのため弊害も多かった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の僧祇戸の言及

【仏図戸】より

…これには重罪犯人や官奴があてられ,仏教の興隆にともなって北魏全土に普及した。曇曜は同時に毎年,粟60石を僧曹(宗教行政をつかさどる役所)に納める僧祇戸(そうぎこ)を置いて,教団の経済基盤をかためた。これがいつ廃止されたかはわからないが,寺戸とよばれる教団の隷属民は後世にも存した。…

※「僧祇戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

僧祇戸の関連キーワード仏図戸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android