僭上(読み)センジョウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐じょう〔‐ジヤウ〕【×僭上】

[名・形動]《古くは「せんしょう」とも》
身分を越えて出過ぎた行いをすること。また、そのさま。「僭上な振る舞い」
分を過ぎたぜいたくをすること。また、そのさま。
「堅儀な旧家程衣食住の奢りを慎み―の誹(そし)りを受けないようにし」〈谷崎春琴抄
大言壮語すること。また、そのさま。
「色里で―言ふ事は治兵衛めにはかなはねども」〈浄・天の網島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android