コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僭上 センジョウ

1件 の用語解説(僭上の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐じょう〔‐ジヤウ〕【×僭上】

[名・形動]《古くは「せんしょう」とも》
身分を越えて出過ぎた行いをすること。また、そのさま。「僭上な振る舞い」
分を過ぎたぜいたくをすること。また、そのさま。
「堅儀な旧家程衣食住の奢りを慎み―の誹(そし)りを受けないようにし」〈谷崎春琴抄
大言壮語すること。また、そのさま。
「色里で―言ふ事は治兵衛めにはかなはねども」〈浄・天の網島

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

僭上の関連キーワード僅少焼失正真正銘先師選奨浅深断酒貧小凡小鮮少

僭上の関連情報