僭称(読み)センショウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐しょう【×僭称】

[名](スル)身分を越えた称号を勝手に名乗ること。また、その称号。「帝王を僭称する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐しょう【僭称】

〘名〙 かってに自分の身分を越えた上の称号を名のること。また、その称号。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉二「足利義満に太上天皇の尊号は人臣に当らざるの僭称に候へども是迚(これとて)も敕許なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android