コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上席 カミセキ

大辞林 第三版の解説

かみせき【上席】

寄席で、その月の上旬の興行。

じょうせき【上席】

年長者・上位の人・正客などのすわる席。かみざ。 ⇔ 末席
上位の等級・席次。 「 -の判事」 → かみせき(上席)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の上席の言及

【定席】より

…江戸,上方とも,1804年(文化1)ごろから創設された。現在は,上席(かみせき),中席(なかせき),下席(しもせき)と1ヵ月を三分しての10日間興行だが,大正初期までは,15日間ずつの興行だった。明治・大正時代の東京には240軒もあったが,昭和初期には114軒に落ちこみ,1990年現在では,東京で上野・鈴本演芸場,新宿・末広亭,池袋演芸場,浅草演芸ホールなど,上方で,なんばグランド花月など数軒にすぎなくなってしまった。…

【寄席】より

…やがてテレビが出現し,別の意味での寄席演芸に対する一般の関心は高まったが,ホール寄席や特殊な落語会が盛んになって,旧来の常打ちの寄席興行は衰退したままである。それでも一ヵ月を10日ずつに区切って,上席(かみせき)・中席(なかせき)・下席(しもせき)と呼ぶ興行は続いている。
[大阪の寄席]
 大坂の寄席は,江戸よりも早くできた。…

※「上席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

上席の関連キーワードバーゼル銀行監督委員会(Basle Committee on Banking Supervision)テオドール ヘンシュリチャード サイロン肝入り・肝入・肝煎平田文右衛門(1)クレイグ ネイラー右に出る者がないロバート ラッツジョン マザー石川 舜台上座・下座黒田 増熊牧野権六郎河井継之助居流れる芥川義矩岩國哲人野上陳令井上恵助落合双石

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上席の関連情報