上席(読み)カミセキ

  • じょうせき
  • じょうせき ジャウ‥
  • じょうせき〔ジヤウ〕

大辞林 第三版の解説

寄席で、その月の上旬の興行。
年長者・上位の人・正客などのすわる席。かみざ。 ⇔ 末席
上位の等級・席次。 -の判事かみせき上席

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 寄席(よせ)などで、月の一~一〇日に行なわれる興行。
〘名〙 (「しょうせき」とも)
① (━する) 席に上ること。
※和蘭字彙(1855‐58)「Hij heeft in die vergadering voorgezeeten. 彼ハ其打寄ニ上席シタ」
② (━する) 上位の人がすわるべき席。上座。また、その席に着くこと。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕 〔南史‐江淹伝〕
③ 階級、等級、席次が上であること。
※随筆・相撲今昔物語(1785)七「前相撲の上席に居るを中といふ」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉下「中学でも高等学校でも、Kの方が常に上席(ジャウセキ)を占めてゐました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上席の言及

【定席】より

…江戸,上方とも,1804年(文化1)ごろから創設された。現在は,上席(かみせき),中席(なかせき),下席(しもせき)と1ヵ月を三分しての10日間興行だが,大正初期までは,15日間ずつの興行だった。明治・大正時代の東京には240軒もあったが,昭和初期には114軒に落ちこみ,1990年現在では,東京で上野・鈴本演芸場,新宿・末広亭,池袋演芸場,浅草演芸ホールなど,上方で,なんばグランド花月など数軒にすぎなくなってしまった。…

【寄席】より

…やがてテレビが出現し,別の意味での寄席演芸に対する一般の関心は高まったが,ホール寄席や特殊な落語会が盛んになって,旧来の常打ちの寄席興行は衰退したままである。それでも一ヵ月を10日ずつに区切って,上席(かみせき)・中席(なかせき)・下席(しもせき)と呼ぶ興行は続いている。
[大阪の寄席]
 大坂の寄席は,江戸よりも早くできた。…

※「上席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上席の関連情報