元和通宝(読み)げんなつうほう

世界大百科事典 第2版の解説

げんなつうほう【元和通宝】

1617年(元和3)ころ江戸幕府により鋳造された銀貨と銭貨(銅貨。1文通用)。銀貨は永楽通宝銀貨を模倣した慶事記念用のものであったが,銭貨は一般の通用を目的としていた。銭貨は鋳造技術からみて,慶長通宝大形銭よりもすぐれ,鋳造量も同大形銭よりも多く,のちの寛永通宝に比較的近い。鋳造地は江戸かその周辺とみられ,水戸説が最も有力視されている。【作道 洋太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元和通宝
げんなつうほう

元和(げんな)年間(1615~1624)鋳造の貨幣。銀貨(慶事用)と銅貨(銭一文)があるが、鋳造のことは正史にみえない。鋳造地は江戸周辺で水戸ともいわれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android