コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元和通宝 げんなつうほう

2件 の用語解説(元和通宝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

げんなつうほう【元和通宝】

1617年(元和3)ころ江戸幕府により鋳造された銀貨と銭貨(銅貨。1文通用)。銀貨は永楽通宝銀貨を模倣した慶事記念用のものであったが,銭貨は一般の通用を目的としていた。銭貨は鋳造技術からみて,慶長通宝大形銭よりもすぐれ,鋳造量も同大形銭よりも多く,のちの寛永通宝に比較的近い。鋳造地は江戸かその周辺とみられ,水戸説が最も有力視されている。【作道 洋太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元和通宝
げんなつうほう

元和(げんな)年間(1615~1624)鋳造の貨幣。銀貨(慶事用)と銅貨(銭一文)があるが、鋳造のことは正史にみえない。鋳造地は江戸周辺で水戸ともいわれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

元和通宝の関連キーワード鶴沢探龍御蔵式楽後鑑上方筋年寄衆武具奉行江戸上り亀井茲政後藤栄乗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone