充填剤(材)(読み)ジュウテンザイ

  • filler

化学辞典 第2版の解説

プラスチックの強度,実用性,耐久性などを改良したり,特別な性質をもたせたり,価格を安くするために増容,増量をはかるなどの目的で混合される不活性な物質をいう.化学的に不活性,樹脂中への分散が良好なこと,安価なことなどが必要とされる.強化剤としては,木粉,セルロース,布,合成繊維ガラス繊維,ガラス粉など,各種の特性賦与剤としてはマイカグラファイト,ある種の可塑剤,二硫化モリブデン,酸化アンチモン,増量剤としては炭酸カルシウムクレーけいそう土亜鉛華,焼きセッコウなどが使用される.ゴムの場合にも充填剤ということばを用いることもあるが,一般には配合剤とよばれ,補強の目的で配合されるもの(補強剤)としては,カーボンブラック,炭酸カルシウムなどがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android