コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化アンチモン さんかアンチモンantimony oxide

3件 の用語解説(酸化アンチモンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化アンチモン
さんかアンチモン
antimony oxide

(1) 酸化アンチモン (III)   Sb2O3 。方安鉱,バレンチン鉱として産出する。無色の結晶で,熱すると黄色になる。融点 656℃。 (2) 酸化アンチモン (IV)   Sb2O4セルバンテス鉱として産出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんかアンチモン【酸化アンチモン antimony oxide】

アンチモンの酸化物の総称で,3種類が知られている。
[酸化アンチモン(III)antimony(III) oxide]
 化学式Sb2O3三酸化二アンチモンともいう。アンチモン華および方安鉱として産出する。硫化アンチモンまたはアンチモンを燃焼しても得られるが,空気が十分にあると二酸化アンチモンが混じるので空気を制限して低温で,または1000℃以上の高温で焙焼する。無色の結晶で2種の変態がある。昇華して得られたものは等軸晶系,比重5.2,熱すると570℃付近で斜方晶系,比重5.7へ転移する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化アンチモン
さんかあんちもん
antimony oxide

アンチモンの酸化物。次の3種の化合物が知られている。
(1)酸化アンチモン() 三酸化二アンチモンともいう。天然には方安鉱およびバレンチン鉱として産する。塩化アンチモン()の加水分解生成物を炭酸ナトリウム水溶液と煮沸すると、無色の立方結晶(方安鉱)が得られる。

Sb4O6分子が含まれ、1000℃以下の蒸気密度はこれに相当する。570℃で斜方結晶(バレンチン鉱)に転移する。水に難溶だが、塩酸、アルカリに溶ける。アルカリ水溶液に溶けると、亜アンチモン酸イオンSbO2-をつくる。炭素または水素と熱すると金属アンチモンが得られる。白色塗料、不燃化剤に用いられる。
(2)酸化アンチモン() 五酸化二アンチモンともいう。塩化アンチモン()の加水分解生成物を275℃で脱水する。黄白色粉末。化学式Sb2O5、式量323.5。300℃で分解して酸化アンチモン()になる。アルカリ水溶液には溶けてアンチモン酸イオン[Sb(OH)6]-をつくる。無機陽イオン交換体としての用途がある。
(3)酸化アンチモン()アンチモン() 四酸化二アンチモンともいう。酸化アンチモン()を約900℃に熱する。黄色結晶。普通Sb2O4と記されるが、酸化アンチモン()と酸化アンチモン()の混合物と考えられ、水、エタノールに難溶。式量307.5。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

酸化アンチモンの関連キーワードAMD-K6-IIIアンギオテンシンTruePicグライ土ILS計器着陸装置アレルギー化合物半導体化合物半導体紺青

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化アンチモンの関連情報