コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先徳 セントク

デジタル大辞泉の解説

せん‐とく【先徳】

《「せんどく」とも》
徳のある先人。また、先人の徳。先賢。
死亡した高徳。また、前代有徳の僧。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんとく【先徳】

〔「せんどく」とも〕
徳のある先人・先輩。また、先人の徳。
前代の有徳の高僧。また、祖師。 「 -の徳にも及ばぬ様にて/栂尾明恵上人遺訓」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

先徳の関連キーワード青岸渡寺声明寛印定珍先賢先人講式慶祚秘法聖憲安然仲算尊者真興増賀

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先徳の関連情報