コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先買権 さきがいけんVorkaufsrecht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先買権
さきがいけん
Vorkaufsrecht

所有者が物を第三者に売却した場合に,その売買契約に介入しうる権利であって,その行使によって,売主=第三者間の売買契約が売主=先買権者間に成立する。先買権の行使は売主に対する意思表示によってなされ,その結果,売主は目的物を先買権者に譲渡すべき義務を負い,先買権者は売主に代金を支払うべき義務を負う。先買権はゲルマン法に由来する制度であって,ドイツ民法上,債権的先買権 (504~14条) と物権的先買権 (1094~104条) とが認められている。前者は売主と先買権者との合意のみによって成立するが,後者の成立には物権的合意と登記を要する。なお,特別法上の法定先買権も認められており,これは土地の分配を統制する作用を有する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

先買権の関連キーワードビザンティン帝国フッガー家日宋貿易契約農業傭機契約

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android