コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光ソリトン通信 ヒカリソリトンツウシン

2件 の用語解説(光ソリトン通信の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひかりソリトン‐つうしん【光ソリトン通信】

optical soliton communication》ソリトンとよばれる形が崩れることなく伝わる波動を作り、光ファイバーで超長距離パルス伝送を行う通信。→ソリトン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光ソリトン通信
ひかりそりとんつうしん

非常に短い光の孤立波、光のソリトンsolitonを利用して歪(ゆが)みのない超高速・長距離の光ファイバー通信を行うこと。ソリトンとは、衝突を繰り返してもその形を変えず、安定した粒子のようにふるまうことができる孤立した波をいう。
 光ソリトン通信の利点は、光ファイバーの中を通る際に、光損失が最小となる赤外波長(1.55マイクロメートル)帯において使用でき、ピコ(10-12)秒からフェムト(10-15)秒という狭いパルスの長距離伝送が可能で、波形歪みは少なく、伝送速度は従来の光パルスに比べて100倍と速いことである。エルビウム光ファイバー増幅器erbium doped fiber amplifier(EDFA)を利用した多重中継が実現されている。日本では、水戸―前橋間を結ぶ光ファイバーを用いて毎秒20ギガビットによる1000キロメートルの長距離光伝送の実験に成功、実用化への基礎技術が確立している。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光ソリトン通信の関連キーワードOMR旋光分散ミノルタオプアートSNOMNSOMORDGEODSS光IP電話

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone