コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光ソリトン通信 ヒカリソリトンツウシン

デジタル大辞泉の解説

ひかりソリトン‐つうしん【光ソリトン通信】

optical soliton communication》ソリトンとよばれる形が崩れることなく伝わる波動を作り、光ファイバーで超長距離のパルス伝送を行う通信。→ソリトン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光ソリトン通信
ひかりそりとんつうしん

非常に短い光の孤立波、光のソリトンsolitonを利用して歪(ゆが)みのない超高速・長距離の光ファイバー通信を行うこと。ソリトンとは、衝突を繰り返してもその形を変えず、安定した粒子のようにふるまうことができる孤立した波をいう。
 光ソリトン通信の利点は、光ファイバーの中を通る際に、光損失が最小となる赤外波長(1.55マイクロメートル)帯において使用でき、ピコ(10-12)秒からフェムト(10-15)秒という狭いパルスの長距離伝送が可能で、波形歪みは少なく、伝送速度は従来の光パルスに比べて100倍と速いことである。エルビウム光ファイバー増幅器erbium doped fiber amplifier(EDFA)を利用した多重中継が実現されている。日本では、水戸―前橋間を結ぶ光ファイバーを用いて毎秒20ギガビットによる1000キロメートルの長距離光伝送の実験に成功、実用化への基礎技術が確立している。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光ソリトン通信の関連キーワード走査型近接場光顕微鏡ONUOCRクラウス(Rosalind E. Krauss)白粒岩状組織ゼビウスリザレクションソリトンシステムズ光ソリトン通信無料通話アプリSI型光ファイバー