コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光妙寺三郎 こうみょうじ さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光妙寺三郎 こうみょうじ-さぶろう

1849-1893 明治時代の官僚。
嘉永(かえい)2年8月生まれ。明治3年フランスにわたり法律をまなぶ。帰国後,東洋自由新聞記者をへて太政官に勤務。19年大審院検事となり,明治法律学校(現明大)講師をかねる。22年逓信省参事官。23年衆議院議員。明治26年9月27日死去。45歳。周防(すおう)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の光妙寺三郎の言及

【旧民法】より

… 旧民法の編纂事業は,江藤新平によって指導された1870年の民法会議以来の民法編纂事業の流れをくむものであり,80年に元老院内に設置された民法編纂局によって本格的に開始され,条約改正事業との関係で一時外務省の管轄とされたが,最終的には司法省の手によって草案の完成をみた。この草案は,フランス民法典を模範とし,財産法(財産編・財産取得編(前半部分)・債権担保編・証拠編)の部分はG.E.ボアソナードが,家族法(人事編・財産取得編(後半部分=相続,贈与および遺贈,夫婦財産契約))の部分は,熊野敏三・磯部四郎・黒田綱彦・光妙寺三郎ら日本人が起草にあたった。家族法の第一草案は,全国の地方長官および司法官に回布されて意見を求められ,それにもとづいて修正された。…

※「光妙寺三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光妙寺三郎の関連キーワード西園寺公望明治時代嘉永

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android