光学式マウス(読み)コウガクシキマウス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

光学式マウス

移動距離、速度、方向などを光学的に読み取るマウス。旧式のマウスは、中にボールが入っており、その回転で距離や方向を検知していたが、最近のマウスは光学式が主流になっている。赤外線やレーザー、LEDなどで底面を照らし、カメラセンサーが動きを検知する。なお、旧式の光学式マウスでは専用のマウスパッドが必要だったが現在は不要になっている。ただし、光沢のある白いテーブルやガラス面など光を反射する素材の上では、動きが検知しづらい場合がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android