コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光学解像度 こうがくかいぞうど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

光学解像度

スキャナーの解像度の種類のひとつ。スキャナーが本来読み込める解像度のこと。単に解像度とも呼ばれる。光学解像度の値以上の画質を表現するために、ソフトウェア的に補間を行い、擬似的に解像度を高めた場合の解像度を補間解像度という。スキャナーのカタログにはこの2つの解像度が記載されており、値が大きいほど精密な表現が行える。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうがく‐かいぞうど〔クワウガクカイザウド〕【光学解像度】

optical resolutionスキャナーなどの光学的な画像入力装置の性能指標の一。単位距離あたりの画像の読み取りに使われる画素数で表す。単位には、1インチあたりのドット(ピクセル)数を意味するdpi(dots per inch)あるいはppi(pixels per inch)が使われる。解像度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android