光田反応(読み)みつだはんのう(英語表記)Mitsuda’s reaction

世界大百科事典 第2版「光田反応」の解説

みつだはんのう【光田反応 Mitsuda’s reaction】

の結節の抽出物を抗原として行う皮内反応結核菌に感染したことがあるかないかがツベルクリン反応でわかるように,癩菌に感染したことがあるかないかが皮内反応でわかれば,という狙いで,光田健輔によって創案されたもので,レプロミン反応ともいわれる。抗原は癩の結節を生理食塩水で煮て抽出する。その中には癩菌由来の数系統の抗原物質があって,幼時は陰性であるが,少年期以降は健康でもほとんど陽性反応を生じる。したがって所期の意図に反して癩病かどうかの診断には使えなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の光田反応の言及

【光田健輔】より

…日本の救癩事業に尽くした医師。光田反応など癩医学の面での業績も多い。山口県生れ。…

※「光田反応」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android