癩菌(読み)らいきん

百科事典マイペディア「癩菌」の解説

癩菌【らいきん】

ハンセン病の病原菌。抗酸菌の一種。レプラ菌,ハンセン菌ともいい,1874年にノルウェーの生理学者A.G.H.ハンセンが発見。長さ2〜7μm,芽胞をつくらず,鞭毛(べんもう)をもたないグラム陽性杆(かん)菌で,分裂速度が遅く,世代時間は10〜31日。純粋培養には成功していないが,マウスで接種・増殖させることはできる。→グラム陽性菌杆菌
→関連項目放線菌

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「癩菌」の解説

らい‐きん【癩菌】

〘名〙 ハンセン病の原因となる抗酸性桿菌。一八七三年にノルウェーの医学者ハンセンが発見した。
※間木老人(1935)〈北条民雄〉「菌は肺結核菌に類する桿状菌で、大風子油の注射によってそれが切れ切れになって亡びて行くものだといふことを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android