コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光田健輔 みつだけんすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光田健輔
みつだけんすけ

[生]1876.1.12. 山口
[没]1964.5.14. 岡山
ハンセン病 (らい) 専門医。一生をハンセン病の治療に捧げ,日本のハンセン病予防事業に献身,ハンセン病患者の父と仰がれた。私立済生学舎を 1896年に卒業,東京大学病理学教室に入り,山極勝三郎に師事。東京市養育院を経て,1909年に日本最初の公立ハンセン病療養所の全生病院 (多磨全生園の前身) の医長となり,14年院長。 31~57年国立長島愛生園園長。 49年に朝日社会奉仕賞,51年文化勲章受章。ツベルクリン反応と似たハンセン病の光田反応などの学問的業績がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光田健輔 みつだ-けんすけ

1876-1964 明治-昭和時代の医学者。
明治9年1月12日生まれ。ハンセン病対策にとりくみ,全生病院長をへて,昭和6年国立療養所長島愛生園の初代園長。予防のため絶対隔離策をすすめ,研究面では病型判定の光田反応を開発した。26年文化勲章,36年ダミアン-ダットン賞。昭和39年5月14日死去。88歳。山口県出身。東京帝大選科卒。旧姓吉本著作に「愛生園日記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みつだけんすけ【光田健輔】

1876‐1964(明治9‐昭和39)
日本の救癩事業に尽くした医師。光田反応など癩医学の面での業績も多い。山口県生れ。1896年済生学舎を卒業したのち東大選科で病理学を修める。東京市養育院に勤めたが,ここで癩患者に接したことから癩病に関心をもつようになり,同院内に癩患者専用の〈回春病室〉を設営した。渋沢栄一をはじめとした有識者や行政機関に癩予防の重要性を進言し,1909年創始された公立癩療養所全生病院の医長(のち院長)となり,31年には瀬戸内海の島(岡山県下)に設立の国立療養所長島愛生園の園長として着任し,57年退官するまでその地位にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光田健輔
みつだけんすけ
(1876―1964)

日本の救らい事業に尽くした医師。光田反応など、ハンセン病(旧称、癩(らい))医学の面での業績も多い。山口県生まれ。済生学舎を卒業(1896)し、医術開業試験に合格。帝国大学医科大学の選科で病理学を修めたのち、1898年(明治31)より東京市養育院に勤めたが、ここでハンセン病の患者に接したことより、ハンセン病に関心をもつようになり、同院内にハンセン病患者専用の「回春病室」を設営したのをはじめとして、行政・有識者などにハンセン病予防について提言。1909年(明治42)に創立の公立らい療養所全生(ぜんせい)病院(東京)の医長、1914年(大正3)には同院長となり、さらに1931年(昭和6)、岡山県下、瀬戸内海の島に前年設立された最初の国立らい療養所長島愛生(あいせい)園の園長として赴任し、1957年退官するまでその地位にあり、全国のハンセン病療養所の充実に努め、ハンセン病の患者数を減少させるのに貢献した。朝日社会奉仕賞、文化勲章(1951)を受けた。著書に『癩病理図譜』などがある。渋沢栄一がその事業を支援し、優れた女医や看護師を育てた。[長門谷洋治]
『藤楓協会編・刊『光田健輔と日本のらい予防事業』(1958) ▽青柳緑著『癩に捧げた八十年――光田健輔の生涯』(1965・新潮社) ▽内田守著『光田健輔』(1971・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

光田健輔の関連キーワードハンセン病予防対策長島(岡山)小笠原 登クリオン島昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光田健輔の関連情報