光視症(読み)コウシショウ

デジタル大辞泉の解説

こうし‐しょう〔クワウシシヤウ〕【光視症】

暗いところや目に光の当たっていないところで、視野の一部に光が見えたり光の点滅を感じたりする症状。網膜硝子体とが癒着して網膜が引っ張られたときに起こる。高齢者に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家庭医学館の解説

こうししょう【光視症 Photopsia】

[どんな病気か]
 光源がないにもかかわらず、光が走ったように見える症状をいいます。硝子体(しょうしたい)が網膜(もうまく)に付着している箇所で網膜が引っぱられるためにおこります。
 その箇所で網膜が破れたりすると、網膜剥離(もうまくはくり)の危険もあります。
 そのため、眼底検査を行なって、調べてもらう必要があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の光視症の言及

【網膜】より

…収縮した硝子体あるいは裂孔形成時の微小出血により突然,飛蚊(ひぶん)症が起こる。また牽引による網膜の変形から光視症(メボタルなどということもある)を訴えることもある。裂孔はときに停止していることもあるが,多くは網膜剝離へと進行する。…

※「光視症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android