免疫グロブリンE(読み)メンエキグロブリンイー

デジタル大辞泉の解説

めんえきグロブリン‐イー【免疫グロブリンE】

免疫グロブリンの一。分子量約19万~20万。糖の含有量が多い。気管支喘息(ぜんそく)アトピー性皮膚炎アレルギー性鼻炎花粉症などのアレルギー反応に密接に関与することが知られ、特定アレルゲンによる反応性を調べるために利用される。昭和41年(1966)、石坂公成・照子夫妻が発見。IgE(immunoglobulin E)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

免疫グロブリンEの関連情報