コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫蛍光法

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきけいこうほう【免疫蛍光法 immunofluorescence】

抗体または抗原にフルオレセインやローダミンのような蛍光色素を標識したものを用いて,体液,組織などに存在する抗原または抗体を検出する,きわめて感度の高い方法。このうち,抗体を標識する場合は蛍光抗体法と呼ぶことが多い。直接法間接法の2法がある。蛍光抗体の場合についていえば,直接法は組織中に存在する抗原に対して特異的に結合する蛍光標識抗体を,薄い組織切片に反応させ,この切片をよく洗って,蛍光顕微鏡で観察すると,組織中の抗原と結合した蛍光抗体が蛍光を発するので,その抗原の存在を知ることができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

免疫蛍光法の関連キーワードマイクロフィラメント野兎病

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android