コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光顕微鏡 ケイコウケンビキョウ

デジタル大辞泉の解説

けいこう‐けんびきょう〔ケイクワウケンビキヤウ〕【蛍光顕微鏡】

試料に紫外線などの励起光を照射し、試料が発する蛍光を観察する顕微鏡。医学、生物学の分野で広く用いられ、試料を蛍光色素で染色することにより、特定の部位や細胞などを選択的に観察したり、検査したりできる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

蛍光顕微鏡【けいこうけんびきょう】

紫外線による蛍光現象を利用し,検体の蛍光の有無,種類を判定する顕微鏡装置。蛍光抗体法や,蛍光色素(アクリジンオレンジ,オーラミンなど)染色標本の観察に用いられ,医学,生物学の研究,検査などに広く利用されている。
→関連項目紫外線顕微鏡

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

蛍光顕微鏡

 検体を蛍光色素で染色し,紫外線を当てて染色された部分を観察するための顕微鏡.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

けいこうけんびきょう【蛍光顕微鏡】

紫外線を光源として試料を照射し、試料が発する蛍光によってその試料を観察する顕微鏡。細胞研究の重要な手段。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蛍光顕微鏡
けいこうけんびきょう

紫外線を光源として試料を照らし、試料の発する蛍光によって試料の観察を行う顕微鏡。タンパク質やバクテリアのようにそれ自体が蛍光を発する試料の場合、および蛍光物質を試料に吸着させることができる場合に適用できる。紫外線を出す光源にフィルターをかけ、有効に蛍光を発する波長域の紫外線を取り出す。試料に紫外線を当てたのちは、普通の光学顕微鏡で観察する。紫外線が目のほうにこないようにするため、接眼レンズの後方に紫外線吸収フィルターを用い、紫外線をカットする。試料を封入するには、バルサムのかわりに水、グリセリン、流動パラフィンなど紫外線を吸収せずまたそれ自体は蛍光を発しない物質を使用しなければならない。細菌学、食品や繊維の鑑定、法医学などに利用される。[三宅和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蛍光顕微鏡の言及

【顕微鏡】より

…その後さらに,位相差顕微鏡の欠点を補った微分干渉顕微鏡がつくられ,比較的厚い生材料の光学的断面の観察が可能となり,細胞の生理学的研究に用いられるようになっている。また,改良された光源と落射型集光装置をそなえた蛍光顕微鏡は,免疫学の成果を利用して,細胞内における特異的なタンパク質,核酸などの存在を観察することを可能とし,電子顕微鏡とともに細胞研究の重要な手法となっている。【佐藤 七郎】
[構成]
 顕微鏡の構成の基本は,対物レンズと接眼レンズ(アイピース)であるが,これらを両端に取りつける鏡筒,対物レンズの変更を容易に行えるレボルバー,試料を保持する載物台(ステージ),試料を照明する照明用集光光学系(コンデンサーシステム)がアームによって安定な台の上に支持されている。…

※「蛍光顕微鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛍光顕微鏡の関連キーワードヘル(Stefan Hell 物理学者)ライブイメージングSTED顕微鏡グリーンマウス蛍光顕微鏡法着床前診断染色体地図工藤 得安免疫蛍光法矢崎芳夫工藤得安モーナーベツィグ細胞学

蛍光顕微鏡の関連情報