コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松橋 まつばせ

3件 の用語解説(松橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松橋
まつばせ

熊本県中部,宇城市中部の旧町域。宇土半島基部,八代平野の北端にある。 1889年町制。 1954年当尾村,豊福村,豊川村の3村と合体。 2005年小川町,不知火町,豊野町,三角町と合体し宇城市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松橋
まつばせ

熊本県中部、下益城(しもましき)郡にあった旧町名(松橋町(まち))。現在は宇城(うき)市の東部を占める地域。旧松橋町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)豊川(とよかわ)、豊福、当尾(とうのお)の3村と合併。翌年、北接の宇土町(現、宇土市)の大字松山のうち小字岩谷、国嶽(くにたけ)、外野(そとの)の3地区を編入。2005年(平成17)三角(みすみ)町、不知火(しらぬひ)町、小川(おがわ)町、豊野(とよの)町と合併、市制施行して宇城市となった。旧町域は、八代海(やつしろかい)の深奥部、大野川、砂川の河口域に位置し、白亜系堆積(たいせき)岩の豊田分丘山地からなる東半域と、沖積層で八代(やつしろ)平野の北部を構成している西半域とにほぼ二分される。東半の麦・蔬菜(そさい)・葉タバコ・ブドウ、西半の米・蓮根(れんこん)・イグサ・メロンなどの栽培対照をなす。JR鹿児島本線松橋駅が西接の不知火地区にあったため、西部地域に久しく町機能が集中していた。しかし、国道3号、218号、266号が整備され、さらに1978年九州自動車道の松橋インターチェンジが開設され、東部に工場や住宅の造成がかなり進んだ。「福祉の具現化に寄与する町」として身体障害児や知的障害児の治療・養護施設、特別養護老人ホームほかの社会福祉施設などに力を入れている。熊本市のベッドタウン化が進行中。元寇(げんこう)時に活躍した竹崎季長(すえなが)の居城の竹崎城跡がある。[山口守人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松橋の関連キーワード宇城宇土小川〈町〉不知火〈町〉富合〈町〉熊本県宇城市豊野町下郷熊本県宇城市豊野町安見三角〈町〉熊本県宇城市三角町戸馳熊本県宇城市三角町中村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

松橋の関連情報