コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松橋 まつばせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松橋
まつばせ

熊本県中部,宇城市中部の旧町域。宇土半島基部,八代平野の北端にある。 1889年町制。 1954年当尾村,豊福村,豊川村の3村と合体。 2005年小川町,不知火町,豊野町,三角町と合体し宇城市となる。中地区の松橋は明治中期まで大野川河港として栄えたところで,現在は九州各地を結ぶ交通の要地となっている。八代海に臨む干拓地には水田が開け,米作のほか野菜,イグサ,メロンの栽培,内陸の丘陵地ではミカンの栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松橋
まつばせ

熊本県中部、下益城(しもましき)郡にあった旧町名(松橋町(まち))。現在は宇城(うき)市の東部を占める地域。旧松橋町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)豊川(とよかわ)、豊福、当尾(とうのお)の3村と合併。翌年、北接の宇土町(現、宇土市)の大字松山のうち小字岩谷、国嶽(くにたけ)、外野(そとの)の3地区を編入。2005年(平成17)三角(みすみ)町、不知火(しらぬひ)町、小川(おがわ)町、豊野(とよの)町と合併、市制施行して宇城市となった。旧町域は、八代海(やつしろかい)の深奥部、大野川、砂川の河口域に位置し、白亜系堆積(たいせき)岩の豊田分丘山地からなる東半域と、沖積層で八代(やつしろ)平野の北部を構成している西半域とにほぼ二分される。東半の麦・蔬菜(そさい)・葉タバコ・ブドウ、西半の米・蓮根(れんこん)・イグサ・メロンなどの栽培対照をなす。JR鹿児島本線松橋駅が西接の不知火地区にあったため、西部地域に久しく町機能が集中していた。しかし、国道3号、218号、266号が整備され、さらに1978年九州自動車道の松橋インターチェンジが開設され、東部に工場や住宅の造成がかなり進んだ。「福祉の具現化に寄与する町」として身体障害児や知的障害児の治療・養護施設、特別養護老人ホームほかの社会福祉施設などに力を入れている。熊本市のベッドタウン化が進行中。元寇(げんこう)時に活躍した竹崎季長(すえなが)の居城の竹崎城跡がある。[山口守人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

松橋の関連キーワード笑福亭 松鶴(2代目)松橋(まつばせ)事件春風亭 年枝(初代)アンソフィライトシェアビレッジ陽のあたる坂道豊野(熊本県)昭和枯れすすき千代田[町]波野[村]西原[村]鹿本[町]岡原[村]鹿北[町]新里[村]相良[村]旭志[村]川瀬 里子宇城(市)内藤 春治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松橋の関連情報