コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光抗体法 ケイコウコウタイホウ

3件 の用語解説(蛍光抗体法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいこう‐こうたいほう〔ケイクワウカウタイハフ〕【蛍光抗体法】

蛍光色素フルオレセインなどを利用して、細胞にある抗原あるいは抗体の所在を調べ、ウイルス感染の有無を知る方法。免疫蛍光法FTA(fluorescent treponemal antibody)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

蛍光抗体法【けいこうこうたいほう】

蛍光色素を指標として抗原抗体結合物を追跡し抗原物質の同定,存在部位の検索を行う方法。医学,生物学の研究,診断に用いられている。手技に直接法,間接法,補体法があるが,直接法について述べる。
→関連項目蛍光顕微鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

蛍光抗体法

 免疫蛍光法ともいう.FATと略す.検出する物質に対する抗体を蛍光物質で標識したり,さらにその抗体を認識する抗体を蛍光物質で標識して,検出する物質の存在部位を蛍光で観察する方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の蛍光抗体法の言及

【免疫グロブリン】より

…抗体タンパク質の総称。血清のタンパク質は電気泳動によりアルブミンとα‐,β‐,γ‐グロブリンに分画されるが,抗体はほとんどがγ‐グロブリン画分に見いだされ,また,γ‐グロブリン画分のタンパク質の大部分は抗体であることから,抗体タンパク質は古くからγ‐グロブリンと呼ばれていた。1960年代に,抗体には部分的に構造の異なるクラスやサブクラスとよばれるいくつもの種類があるが,すべての抗体タンパク質は類似した基本構造をもつことが明らかとなり,これを免疫グロブリンと総称することになった。…

※「蛍光抗体法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蛍光抗体法の関連キーワードフルオレセイン蛍光顕微鏡蛍光染料核爆弾蛍光色素アセチルアミノフルオレン蛍光定量法色素還元試験免疫蛍光法フルオレン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蛍光抗体法の関連情報