コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光抗体法 ケイコウコウタイホウ

デジタル大辞泉の解説

けいこう‐こうたいほう〔ケイクワウカウタイハフ〕【蛍光抗体法】

蛍光色素のフルオレセインなどを利用して、細胞にある抗原あるいは抗体の所在を調べ、ウイルス感染の有無を知る方法。免疫蛍光法FTA(fluorescent treponemal antibody)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

蛍光抗体法【けいこうこうたいほう】

蛍光色素を指標として抗原抗体結合物を追跡し抗原物質の同定,存在部位の検索を行う方法。医学,生物学の研究,診断に用いられている。手技に直接法,間接法,補体法があるが,直接法について述べる。
→関連項目蛍光顕微鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

蛍光抗体法

 免疫蛍光法ともいう.FATと略す.検出する物質に対する抗体を蛍光物質で標識したり,さらにその抗体を認識する抗体を蛍光物質で標識して,検出する物質の存在部位を蛍光で観察する方法.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内の蛍光抗体法の言及

【免疫グロブリン】より

…抗体タンパク質の総称。血清のタンパク質は電気泳動によりアルブミンとα‐,β‐,γ‐グロブリンに分画されるが,抗体はほとんどがγ‐グロブリン画分に見いだされ,また,γ‐グロブリン画分のタンパク質の大部分は抗体であることから,抗体タンパク質は古くからγ‐グロブリンと呼ばれていた。1960年代に,抗体には部分的に構造の異なるクラスやサブクラスとよばれるいくつもの種類があるが,すべての抗体タンパク質は類似した基本構造をもつことが明らかとなり,これを免疫グロブリンと総称することになった。…

※「蛍光抗体法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蛍光抗体法の関連キーワード膜性増殖性糸球体腎炎の診断基準(WHO分類、1977)線状IgA水疱症/疱疹状皮膚炎線状IgA水疱性皮膚症全身性エリテマトーデスエイズ/HIV感染症IgA腎症の診断基準歯周病(歯槽膿漏)膜性腎症の診断基準リケッチア組織化学天疱瘡エイズ真菌性病

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛍光抗体法の関連情報