児島百一(読み)こじま ひゃくいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児島百一 こじま-ひゃくいち

1778-1835 江戸時代後期の琴楽(きんがく)家。
安永7年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)の人。貞石鳳林と号し,書画の揮毫(きごう)をよくする。京都で浦上玉堂(うらがみ-ぎょくどう)に七弦琴をまなび,帰郷後は子弟におしえた。琴を100面つくったところで,名を百一とあらためたという。天保(てんぽう)6年死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android