コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉金鱗 こだま きんりん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉金鱗 こだま-きんりん

1668-1748 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文8年生まれ。児玉図南の父。薩摩(さつま)鹿児島藩士。深見玄岱(げんたい)にまなぶ。藩主島津光久,綱貴(つなたか)の侍講をつとめた。寛延元年10月6日死去。81歳。名は利貞。字(あざな)は宗因別号に梅庵。著作に「梅花百詠」「梅庵詩稿」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉金鱗の関連キーワードニュートン(Sir Isaac Newton)オニビシオニビシの姉モリエール吉原(遊廓)アーヘンアーヘンの和約アーヘンの和約微分積分法フランス史(年表)