コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉金鱗 こだま きんりん

1件 の用語解説(児玉金鱗の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉金鱗 こだま-きんりん

1668-1748 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文8年生まれ。児玉図南の父。薩摩(さつま)鹿児島藩士。深見玄岱(げんたい)にまなぶ。藩主島津光久,綱貴(つなたか)の侍講をつとめた。寛延元年10月6日死去。81歳。名は利貞。字(あざな)は宗因。別号に梅庵。著作に「梅花百詠」「梅庵詩稿」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

児玉金鱗の関連キーワード常行赤松沙鴎大矢白鵠小出有棟高麗左衛門(2代)太兵衛馬場春水升屋平右衛門(初代)宮城春意茂呂鼇岳

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone