コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児玉図南 こだま となん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

児玉図南 こだま-となん

1701-1741 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)14年生まれ。児玉金鱗(きんりん)の長男。薩摩(さつま)鹿児島藩士。深見玄岱(げんたい),室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなぶ。のち藩の国史官をつとめた。寛保(かんぽう)元年10月死去。41歳。名は利容,一鳳,一鵬。字(あざな)は希雲。通称は主右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

児玉図南の関連キーワード寛保高田藩浅野長矩キッド浅野長矩国包(7代)ラ=ペルーズ浅野長矩堀江六之丞レン

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone