コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児童買春処罰法 ジドウカイシュンショバツホウ

デジタル大辞泉の解説

じどうかいしゅん‐しょばつほう〔ジドウかひシユンシヨバツハフ〕【児童買春処罰法】

《「児童買春児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の通称。「かいしゅん」は「売春」と区別するための慣用的な読み方》児童買春児童ポルノに関する行為等の処罰、およびこれらの行為により心身に有害な影響を受けた児童の保護措置等について定めた法律。児童を性的搾取・虐待から保護し、児童の権利を保護することを目的とする。平成11年(1999)施行。同法での児童とは18歳未満の者をいう。児童買春・児童ポルノ処罰法。児童買春・児童ポルノ禁止法児童買春等処罰法児童ポルノ等処罰法児童買春禁止法児童ポルノ禁止法児童ポルノ法児ポ法

じどうばいしゅん‐しょばつほう〔‐シヨバツハフ〕【児童買春処罰法】

児童買春(かいしゅん)処罰法」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

児童買春処罰法の関連キーワード児童買春児童ポルノ処罰法ポルノグラフィー単純所持の禁止議員立法犯罪

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android