児童買春処罰法(読み)ジドウカイシュンショバツホウ

デジタル大辞泉の解説

じどうかいしゅん‐しょばつほう〔ジドウかひシユンシヨバツハフ〕【児童買春処罰法】

《「児童買春児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」の通称。「かいしゅん」は「売春」と区別するための慣用的な読み方》児童買春児童ポルノに関する行為等の処罰、およびこれらの行為により心身に有害な影響を受けた児童の保護措置等について定めた法律。児童を性的搾取・虐待から保護し、児童の権利を保護することを目的とする。平成11年(1999)施行。同法での児童とは18歳未満の者をいう。児童買春・児童ポルノ処罰法。児童買春・児童ポルノ禁止法児童買春等処罰法児童ポルノ等処罰法児童買春禁止法児童ポルノ禁止法児童ポルノ法児ポ法

じどうばいしゅん‐しょばつほう〔‐シヨバツハフ〕【児童買春処罰法】

児童買春(かいしゅん)処罰法」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android