コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

児雷也豪傑譚話 じらいやごうけつものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

じらいやごうけつものがたり【児雷也豪傑譚話】

歌舞伎狂言。時代物。4幕。河竹黙阿弥作。通称《児雷也》。1852年(嘉永5)7月江戸河原崎座初演。配役は児雷也実は尾形周馬を8世市川団十郎,持丸富貴太郎・仙素道人・夜叉五郎を2世市川九蔵(のちの6世団蔵),大蛇丸(おろちまる)・高砂勇美之助を3世嵐璃寛,越路・傾城あやめ・照田を3世岩井粂三郎,熊手屋慾四郎・八鎌鹿六を浅尾奥山,畑作娘みゆきを市川団之助,月影深雪之助を市川猿蔵。草双紙合巻《児雷也豪傑譚》を脚色した作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

児雷也豪傑譚話の関連キーワード尾上 松助(6代目)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android