コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤橋(読み)ふじはし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤橋
ふじはし

岐阜県南西部,揖斐川町北部の旧村域。揖斐川上流域にある。 1897年村制。 1987年徳山村を編入。 2005年揖斐川町,谷汲村,春日村,久瀬村,坂内村の5町村と合体して揖斐川町となった。両白山地の山あいにあり,シイタケ,ワラビなど山菜が豊富。揖斐川に多目的の横山ダムがある。一部は揖斐県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤橋
ふじはし

岐阜県西部、揖斐(いび)郡にあった旧村名(藤橋村(むら))。現在は揖斐川町北部を占める地域。旧藤橋村は日本最大の多目的ダムの建設で、集落の大部分が水没するため村民が集団移転した徳山村を、1987年(昭和62)に編入合併。さらに2005年(平成17)に谷汲(たにぐみ)、春日(かすが)、久瀬(くぜ)、坂内(さかうち)の4村とともに揖斐川町と合併した。旧村域は、年降水量約3000ミリメートルの多雨多雪地域にあたる。中心地区は、揖斐川沿いの東横山、西横山で、国道303号は改良舗装工事が完成し、大垣や岐阜方面への交通時間が著しく短縮した。また、地域の北部へ国道417号が通じる。住民は、自給的な米作を中心に、林業労働などの兼業に依存。特産はシイタケ、ゼンマイ、ワラビなど。[上島正徳]
『『藤橋村史』上下(1982・藤橋村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤橋の関連情報