コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入会関係近代化助長法 いりあいかんけいきんだいかじょちょうほう

1件 の用語解説(入会関係近代化助長法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

入会関係近代化助長法【いりあいかんけいきんだいかじょちょうほう】

正称は〈入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律〉(1966年)。入会林野または旧慣使用林野の農林業上の利用を増進するため,これらの土地にかかる権利関係の近代化を助長するための措置を定めた法律。
→関連項目共有林

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

入会関係近代化助長法の関連キーワード公信の原則訴訟物林野庁入会近代化遺産形成訴訟重要事項の説明書入会林野(いりあいりんや)漁業近代化資金九州・山口の近代化産業遺産群印

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone