コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共有林 きょうゆうりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共有林
きょうゆうりん

複数の人で共有している山林。共同出資で購入したり,遺産相続したものを共有にしたりした場合もあるが,その多くはかつて部落有林であったものを共有林としているもので,この場合は部落有林としての性格を受継ぎ,実態としては一定地域の住民の共同利用地となっているものが多い。森林法では,各共有者の持ち分の価額に従いその過半数をもって分割の請求のある場合を除いて,原則として分割することはできないことになっている。 (→共有山 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

共有林【きょうゆうりん】

複数人の共有する私有林。古くからの村持入会地のほとんどが,町村制施行(1889年)などにともない,入会財産を町や市に渡すことを嫌った住民により,権利者の共同所有として名義変更されたものである。
→関連項目民有林

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうゆうりん【共有林】

複数の個人で所有する私有林。共同購入,共同相続などが原因となって生まれるほか,歴史的・沿革的理由によるものがほとんどである。旧村持入会地は村民の総持ちのまま明治期に引き継がれてきたが,この利用慣行に大きな影響を与えたのが,前年に公布され1889年に施行された市制,町村制であった。新たにつくられた市町村の所有に移ることを拒んだ旧村民は,それまでもってきた入会財産を,利用権をもつ権利者の共同所有に移したり,何人かの代表者の共同所有名義にしたりした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうゆうりん【共有林】

所有者が複数名の私有林。多くは集落の旧入会林。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共有林
きょうゆうりん

法的には複数人が共有する共同利用林野をいう。多くは村持山(むらもちやま)(入会(いりあい)山)が源基形態である。明治以降、土地官民有区分、公有林野整理統一事業などで村持山の国有化ないしは市町村直轄化が図られていくのに対して、村落居住世帯主名を連ねた記名共有などの対抗策がとられた。その後、入会利用の変化などの内部要因および入会権解体政策などの外部要因によって複雑な所有形態と利用実態をもつに至った。部落(集落)住民の集団的・共同的利用の慣行を残しながら、所有形態としては、個人、社寺、共同、団体、村落、財産区などの形がみられ(私有林と公有林にまたがる)、利用実態としては、入会慣行を残したもの(慣行共有)と、集団による直轄化または個別分割化が図られているものとが存在する。これは入会権解体の段階差によるものであるが、1966年(昭和41)に「入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律」(略称「入会林野近代化法」)が制定されて以降、入会林野の「近代化」(入会権の消滅と所有権、地上権等の権利の設定・移転)がすすめられ、入会林野は減少傾向にある。しかし、入会慣行を伴うものもまだ相当数(2011年3月末時点で約65万ヘクタール)残されており、単なる入会権解体政策ではなく、権利者の合意に基づき、実態に即した形で木材生産やレクリエーションなどの多面的な高度利用が図られる必要がある。[野口俊邦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

共有林の関連キーワード入会関係近代化助長法福井(県)所有者もやい筧雄平下山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共有林の関連情報