コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入水鍾乳洞 いりみずしょうにゅうどう

大辞林 第三版の解説

いりみずしょうにゅうどう【入水鍾乳洞】

福島県田村市滝根町にある鍾乳洞。天然記念物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いりみずしょうにゅうどう【入水鍾乳洞】

福島県田村郡滝根町の石灰岩台地仙台平の西山腹にある鍾乳洞。1927年に第一洞が,29年に第二洞が発見され,34年天然記念物に指定された。第一洞は奥行き約600m,第二洞は約300m。洞内には川や滝があり,多種多様の鍾乳石石筍が多く〈不動滝〉〈音楽洞〉〈雄洞・雌洞〉〈天国の夢〉などの名所があり,狭いがスリルと変化に富む。洞内は四季を通じて気温14℃,水温10℃で,コウモリサンショウウオヤスデなどが生息する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔福島県〕入水鍾乳洞(いりみずしょうにゅうどう)


福島県田村(たむら)市南部、阿武隈(あぶくま)高地の仙台平(せんだいひら)(標高870m)西麓にある鍾乳洞。2洞からなり、第1洞は奥行き600m、第2洞は同300m。国指定天然記念物。鍾乳石・石筍(せきじゅん)・石柱の保存がよい。鍾乳洞には珍しく水量豊富で、洞内に急流の川がある。南東方約1.5kmにあぶくま洞がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入水鍾乳洞
いりみずしょうにゅうどう

福島県東部、田村市滝根(たきね)町地区と同市常葉(ときわ)町地区にまたがる鍾乳洞。大滝根山の西斜面の石灰岩台地仙台平(ひら)の下にあり、1927~1929年(昭和2~4)の発見、国の天然記念物に指定されている。第一洞(600メートル)、第二洞(300メートル)からなり、探勝が可能であるが、洞内は狭く、水流が多く、歩行が容易でない。洞内の温度14℃、水温10℃で年間を通じて変わらない。なお、洞の南東方には、1969年(昭和44)に発見された「あぶくま洞」がある。JR磐越(ばんえつ)東線菅野(すがや)駅下車。[安田初雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

入水鍾乳洞の関連キーワード阿武隈高原中部県立自然公園福島県田村市滝根町菅谷田村(市)田村[市]蒲生 明大滝根山阿武隈西麓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android