コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不動滝 ふどうたき

1件 の用語解説(不動滝の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県〕不動滝(ふどうたき)


群馬県東部、赤城山(あかぎやま)南腹を流れる粕(かす)川にかかる滝。落差50m。古来、修験者の信仰の対象とされた。冬季には氷瀑(ひょうばく)がみられる。周辺に赤城温泉・滝沢(たきざわ)温泉・忠治(ちゅうじ)温泉がわく。「日本の滝百選」に選定された棚下(たなした)不動滝は約14km北西の赤城山西麓(せいろく)の渋川(しぶかわ)市赤城町棚下にある。不動大滝滝沢大滝とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不動滝の関連キーワード赤城赤城山赤城神社赤城湖ギヤマン彫赤城の恵赤城山人守信亭赤城[村]赤城水産

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone