コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入江文郎 いりえ ふみお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入江文郎 いりえ-ふみお

1834-1878 幕末-明治時代のフランス語学者。
天保(てんぽう)5年4月8日生まれ。出雲(いずも)松江藩医の子。江戸で竹内玄同に蘭学を,横浜のフランス公使館でフランス語をまなぶ。蕃書調所教授方,開成所教授などをつとめる。明治4年ヨーロッパに留学,11年1月30日パリで病死した。45歳。号は柳節,洽斎,観寮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

入江文郎

没年:明治11.1.30(1878)
生年:天保5.4.8(1834.5.16)
幕末維新期のフランス学者。出雲国松江(松江市)の出身。名は「ぶんろう」であるが,フランス留学後は「ふみお」と自署している。万延1(1860)年,フランス公使館のヴーヴにフランス語を学ぶ。その直接教授法での授業の成果は,発音や作文に発揮された。文久1(1861)年,蕃書調所の教授手伝となり,明治4(1871)年に渡仏。その間の事情を物語るものとして,『西航備忘録』を残している。同6年,留学生の総代となる。留学先の各学校長に宛てた仏文の書簡が現存しており,史料として興味深い。

(田中貞夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

入江文郎の関連キーワードレースラー電話エジソン(アメリカの発明家)チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)東京(都)おもなお雇い外国人カックランキダーコープランド葛飾北斎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android