コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内玄同 たけうちげんどう

3件 の用語解説(竹内玄同の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹内玄同
たけうちげんどう

[生]文化2(1805).大聖寺
[没]1880.11.12.
江戸時代末期の医師。名は幹,号は西坡および風香,字が玄同,院号は渭川院。代々丸岡藩 (福井県) の医官であった叔父玄秀の家を継いだ。京都の藤林普山から蘭学を修め,次いで長崎の P.シーボルトについて医学を学び,伊東玄朴戸塚静海らと親交を結んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内玄同 たけのうち-げんどう

1805-1880 江戸時代後期の医師。
文化2年生まれ。京都で藤林普山に蘭学を,長崎でシーボルトに医学をまなぶ。将軍徳川家定(いえさだ)の侍医となり西洋医学所頭取をかねる。文久3年京都で発病した将軍家茂(いえもち)の治療にあたるが,自分の眼病が悪化して失明,慶応2年隠居した。明治13年1月12日死去。76歳。加賀(石川県)出身。名は幹。号は西坡,風香。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

竹内玄同

没年:明治13.1.12(1880)
生年:文化2(1805)
江戸末期の洋方医。加賀国(石川県)大聖寺町の竹内玄立の次男として誕生,越前丸岡藩医の叔父玄秀の養子となった。名は幹,西坡と号した。京都で藤林普山に蘭学を学び,長崎へ遊学してシーボルト門下となった。天保4(1833)年藩主侍医として出府し,同13年江戸幕府天文方訳員に選ばれ『厚生新編』翻訳に参加した。安政5(1858)年重病の将軍徳川家定の侍医に伊東玄朴らと共に洋方内科医とし初めて登用された。西洋医学所頭取を兼ね,法印に叙せられ,渭川院と称された。次の将軍家茂にも尽くしたが,自身は眼疾が悪化し失明。慶応2(1866)年家茂病没とともに引退して風流人として終える。

(石山洋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

竹内玄同の関連キーワード石川県加賀市大聖寺荒町石川県加賀市大聖寺地方町石川県加賀市大聖寺敷地石川県加賀市大聖寺菅生石川県加賀市大聖寺関町石川県加賀市大聖寺寺町石川県加賀市大聖寺殿町石川県加賀市大聖寺永町石川県加賀市大聖寺平床石川県加賀市大聖寺本町

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone