コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入矢義高 いりや よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

入矢義高 いりや-よしたか

1910-1998 昭和-平成時代の中国文学者。
明治43年12月13日生まれ。京大人文科学研究所助教授をへて,昭和30年名大教授となる。45年京大教授。のち京都産業大,花園大教授。敦煌(とんこう)文書をはじめ唐(とう)・宋(そう)・元(げん)代の口語研究,禅語録の研究で知られた。学士院会員。平成10年6月30日死去。87歳。鹿児島県出身。京都帝大卒。著作に「求道悦楽」「明代詩文」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

入矢義高の関連キーワード清平山堂話本東京夢華録官場現形記雨窓欹枕集洛陽伽藍記寒山・拾得義堂周信青木正児碧巌録袁宏道雲謡集譚元春遊仙窟勧善文王梵志

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android